潜在性高プロラクチン血症

潜在性高プロラクチン血症とは、昼間のうちにはプロラクチンの数値が正常なのに、緊張状態や夜になるとプロラクチン値が高くなってしまうことです。TRHテストという方法で潜在性高プロラクチン血症を診断していきます。

高プロラクチン血症とは、おっぱいを出すホルモン「プロラクチン」の数値が慢性的に高くなる疾患です。プロラクチンとは脳下垂体から分泌される「乳腺刺激ホルモン」のことで、プロラクチンが多量に分泌されると、月経不順や排卵障害を引き起こす原因となります。

出産後の授乳中に生理が止まるのは、プロラクチンが豊富に分泌されていることが原因の1つです。

潜在性高プロラクチン血症と関連した不妊用語

プロラクチン 高プロラクチン血症 下垂体 性腺刺激ホルモン 黄体機能不全 無排卵性月経 パーロデル テルロン TRHテスト