内分泌異常(ないぶんぴついじょう)

内分泌異常とは、カラダをコントロールしている「ホルモンのバランス」が崩れてしまっている状態です。女性にとって深い関わりがある「月経」「妊娠」「出産」などは、すべて女性ホルモンによってコントロールされています。

すべてのホルモンをコントロールする場所は、左右の大脳に挟まれている間脳(視床下部)になります。月経と妊娠に関わるホルモンは、視床下部から下垂体、卵巣という順序を追って分泌されます。(参考図)

内分泌異常とは、これらの部位から正常にホルモン分泌が行なわれていない状態です。「どれか」のホルモンが通常の分泌量より多かったり少なかったりして、その関係の不調和がおこりホルモンバランスが崩れています。

内分泌異常は不妊原因となります。不妊検査の1つに「ホルモン検査」というものがあり、月経周期の卵胞期、排卵期、黄体期ごとに採血をして各ホルモンの数値を調べていくことで、内分泌異常がないかを調べます。

卵巣機能の調節

*イラスト(不妊治療ガイダンス第3版より引用)

内分泌異常と関連した不妊用語

女性ホルモン 視床下部 下垂体 卵巣 ホルモン検査 卵胞期 排卵 黄体期