インスリン抵抗性(いんすりんていこうせい)

インスリン抵抗性とは、通常の人と比べてインスリンの作用が悪いことを言います。「インスリン抵抗性が高い」という使われ方もします。

人間はカロリーのある食べ物や飲み物を摂取することで、一時的に血糖値が上昇します。インスリンはこの血液中に現れた糖を分解して、体内のエネルギーに変える働きをしているのです。(血糖値が慢性的に高値になると糖尿病を発症しやすい)

ところが通常と同じくらいのインスリン量が分泌されているのに、同様な働きが出来ずに糖が分解されにくい人がいます。このようなインスリンの作用が悪いことを「インスリン抵抗性」と呼んでいます。

インスリン抵抗性を示すと、糖を分解するためにさらに膵臓からインスリンが分泌されるようになります。このようなインスリンが過剰に分泌されている状態を「高インスリン血症」といい、男性ホルモンの過剰蓄積につながったり糖尿病を引き起こす原因と考えられています。

インスリン抵抗性と関連した不妊用語

男性ホルモン 高インスリン血症