子宮鏡(しきゅうきょう)

子宮鏡検査とは外径が約3ミリ程度の内視鏡(細い管の先にカメラがついたもの)を、直接子宮腔に挿入して子宮を直視下に検査をする方法です。子宮鏡検査は外来でも容易に実施することができ、今後は不妊外来での必須の項目と考えられています。

子宮鏡検査で分かることは、子宮内膜ポリープ、子宮腔の癒着、粘膜化筋腫などです。そして子宮鏡検査の際に軽度な病変であれば、切除や癒着剥離などの治療も出来ます。子宮鏡には、ヒステロファイバースコープ、ビデオヒステロファイバースコープ、硬性子宮鏡があります。

子宮鏡検査と関連した不妊用語

子宮鏡検査 子宮内膜ポリープ 内視鏡 子宮腔 粘膜下筋腫 癒着