ホルモン療法(ほるもんりょうほう)

不妊においてのホルモン療法とは、ホルモン剤を月経周期に合わせて投与することによって「妊娠するためのカラダ(通常の月経周期)」に近づけていこうとする治療法です。内分泌療法、ホルモン補充療法などとも呼ばれます。

月経周期を整えることを目的に、また排卵をしっかりと起こさせるために、「排卵誘発剤」「黄体ホルモン剤」「ゲスターゲン剤(一般的にピルと呼ばれる薬)」など、その人の症状にあわせたホルモン剤が使われます。

ホルモン療法と関連した不妊用語

女性ホルモン 排卵 排卵誘発剤 黄体ホルモン ゲスターゲン剤