習慣流産(しゅうかんりゅうざん)

習慣流産とは、連続して流産を3回以上繰り返す事を言います。2回繰り返す事は反復流産といい、習慣流産とは区別されています。本来流産は染色体異常などが原因で、独立的な出来事として起こります。

実際に流産していない人と、1回経験した人が次の妊娠で流産する確率は15%程度で変わらりません。ところが2回経験した人が3回目に流産する確率は20~30%、3回以上経験した人が次に流産する確率は50%と、繰り返すたび確率は上がってしまうようです。

習慣流産者(流産を3回以上繰り返すこと)では3~8%に染色体異常が認められるというデータがありますが、その診断は非常に難しく、また染色体異常を認められた場合でもその治療法はないとされています。

習慣流産と関連した不妊用語

不育症 染色体異常