hMG-hCG(ゴナドトロピン療法)

hMG-hCG療法(ゴナドトロピン療法)とは、卵胞期(排卵前)にhMG注射することで卵胞を育てて、卵胞が大きくなったらhCG注射して卵を排卵させる治療法です。排卵障害、第2度無月経を対象とした強力な排卵誘発法。

無月経の治療(排卵誘発)をするには、経口のクロミフェン療法(クロミッド)がありますが、クロミフェンがうまく効かない人や、あるいは反応はあるものの周期を繰り返しても妊娠に至らないケースで、「hMG-hCG療法(ゴナドトロピン療法)」が選択肢となります。

hMG-hCGの副作用には、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)と多胎妊娠が多いことがあげられます。OHSSの発症頻度は10%~20%程度、多胎妊娠の確率は20%程度といわれています。

関連コンテンツPCOSとhMG-hCG

hMG
閉経後の女性の尿から作られる性腺刺激ホルモンをHMGといいます。

hCG
妊娠時に子宮内に形成される「胎盤」から抽出された性腺刺激ホルモンが「HCG」です。

hMG-hCG療法と関連した不妊用語

hMG hCG ゴナドトロピン 卵胞 排卵障害 卵胞期 排卵誘発剤 OHSS 多胎妊娠 子宮