原始卵胞(げんしらんぽう)

原始卵胞とは、産まれた時から持っている赤ちゃんの卵のことです。数に限りがあり、原始卵胞がなくなると閉経します。産まれたばかりのときは200万個の原始卵胞が存在すると言われています。これが思春期には30万個、そして50歳ぐらいの閉経間際には1000個以下となり卵巣の機能は停止します。

以前は年齢とともに原始卵胞の数を気にされる人が多かったのですが、最近は卵巣年齢(AMH)を調べる検査が行われるようになり注目されています。

原始卵胞と関連した不妊用語

卵胞 卵巣

原始卵胞と関連したコンテンツ

排卵と基礎体温