卵胞(らんぽう)

卵胞とは、卵子が入ってる袋のことです。卵巣内にはたくさんの卵胞が存在し、生理が始まる頃から卵胞刺激ホルモン(FSH)によって、その中の1つが成熟されます。これを主席卵胞といい、この主席卵胞が2センチ程度の大きさになると排卵が起こります。

排卵のタイミングはLH(黄体化ホルモン)が急激に分泌されることがきっかけとなります。これをLHサージと呼び、LHサージが起こってから24~36時間ほどで排卵します。

排卵後には抜け殻となった卵胞が黄体形成を始めます。そして黄体化した卵胞は、妊娠の継続に必要な、黄体ホルモン(プロゲステロン)を分泌するようになるのです。

不妊治療の1つ「タイミング法」とは、この排卵する時期を医師が見極めていく治療法です。医師が卵胞の大きさを定期的にチェックをしていき、そして排卵が近づくと「夫婦生活を持ってください」と指導されるわけです。

排卵

不妊治療ガイダンス第3版から引用

卵胞→follicle

卵胞と関連した不妊用語

卵子 卵巣 卵胞刺激ホルモン(FSH) 排卵 プロゲステロン 主席卵胞 黄体形成ホルモン LHサージ 黄体 タイミング指導