卵胞発育不全(らんぽうはついくふぜん)

卵胞発育不全とは、女性ホルモンのエストロゲンやFSH(卵胞刺激ホルモン)の分泌低下により、卵胞の成熟に障害があることです。黄体機能不全の原因となります。

卵は「排卵さえすればいい」というものではなく、卵の質がいいほど妊娠を継続するチャンスがあります。卵胞の発育がよいほど、受精する確率を上げ、流産の確率を減らし、また黄体ホルモンの分泌を助けます。

卵胞発育不全と関連した不妊用語

黄体 黄体機能不全 エストロゲン FSH 卵胞 排卵 受精