フェルティノームP(ふぇるてぃのーむP)

フェルティノームPとは「排卵誘発剤」の注射薬で、hMGからLHを取り除いた「FSH製剤」のことです。排卵前からフェルティノームPを連続で筋肉注射(皮下注射)をすることで、卵巣に直接作用して卵を成熟させます。

フェルティノームPはLHがほとんど含まれていないため、PCOS(多嚢胞性卵巣症候群)の「HMG-HCG療法」の第1選択となります。PCOSではLHが慢性的に高値を示すため、HMG製剤よりもLHが含まれていないFSH製剤のほうが望ましいのです。

フェルティノームPと同様な排卵誘発剤に「フォリルモンP」があります。近年では遺伝子組み換え型(リコンビナント)FSHも使われることがあるようです。(フォリスチム)

フェルティノームPと関連した不妊用語

排卵誘発剤 HMG LH FSH製剤排卵 卵巣 PCOS フォリスチム