子宮内膜癌(子宮体がん)

子宮内膜癌とは、赤ちゃんが発育する子宮内膜に悪性のがん細胞が出来てしまう病気です。エストロゲンの大量分泌が原因するとも考えられ、子宮内膜増殖症や不正出血が子宮内膜癌の兆候として上げられます。

子宮内膜癌(子宮体ガン)にかかりやすいとされる人は、妊娠や出産経験が少ない人、肥満や高血圧を伴う人、糖尿病、PCO(多嚢胞性卵巣)の人などがあげられます。

子宮内膜癌の症状は無症状のことが多いですが、進行していくと不正出血や悪臭、下腹部痛を伴うことがあります。子宮内膜癌は閉経に差しかかる40後半~50代に多く見られますが、40歳未満の若年性の子宮体癌も5~6%に見られるという報告があります。

子宮内膜癌と関連した不妊用語

子宮内膜 エストロゲン 子宮内膜増殖症 不正出血 PCOS