デュファストン(でゅふぁすとん)

デュファストンとは、黄体ホルモン(プロゲステロン)を補う薬として使われます。黄体機能不全(高温期が短い、低温と高温の差がない)のときなどに、デュファストンを排卵日後に服用することで、高温期を維持して子宮内膜を厚く、そして着床しやすい状態にしてくれます。デュファストンと同じような使われ方で「hCG注射」で卵巣に働きかけることもあります。

デュファストンは一般不妊治療でよく使われる薬です。頭痛や吐き気などの副作用を訴える人も稀にいますが、比較的副作用も出にくく使いやすい薬といわれています。

またデュファストンを月経周期が不安定なときや排卵がないときに服用して、人工的に子宮内膜を厚くさせて生理を起こさせる治療法もあります。(ゲスターゲン療法)

デュファストンと関連した不妊用語

黄体ホルモン 黄体機能不全 黄体期 子宮内膜 着床 排卵 ゲスターゲン療法