ダナゾール(だなぞーる)

ダナゾールとは、女性ホルモンの卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)、卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌を抑える薬です。主に子宮内膜症の治療に使われます。服用中は排卵がないので妊娠することはありません。

子宮内膜症は毎月の月経がその症状を悪化させてしまうため、ダナゾールを使い人為的に閉経した状態を作ります。これを偽閉経療法と呼んでいましたが、現在ではダナゾールよりも脳下垂体に直接作用させる「GnRHアゴニスト」というスプレー剤(スプレキュア、ナサニールなど)を使った治療法が主流になっています。

ダナゾールと関連した不妊用語

女性ホルモン LH FSH エストロゲン 子宮内膜症 排卵 偽閉経療法 下垂体 GnRHアゴニスト スプレキュア ナサニール