便利チェック帳 基礎体温

クラミジア感染症

クラミジア感染症とは、日本で最も多い性感染症(STD)です、クラミジア感染症はその症状がほとんどなく、検査するまで気づかないことも多いようです。卵管に感染すると卵管が細くなったり炎症、癒着を起こることがあり、不妊症や流産になる確率が増えてしまいます。

クラミジア感染症のリスク要因としては、若年の性交、複数の性的パートナー、避妊手段の有無などがあげられます。分娩時にクラミジアに感染していると、産道を通過するときに新生児に感染することがあります。

卵管性不妊についてはこちら

STD→ Sexually Transmitted Disease

クラミジア感染症と関連した不妊用語

卵管障害 癒着 STD 不妊症