カンジダ膣炎(かんじだちつえん)

カンジダとは、真菌の一種で膣内に常に存在しています。カンジダ自体は悪い働きをするものではないのですが、妊娠、病気や疲労などでカラダの抵抗力が弱まると繁殖して炎症を起こします。

これをカンジダ膣炎といい、女性なら誰にでも起きるポピュラーの病気の1つです。カンジダの症状は、かゆみがあり白いチーズのようなおりものが特徴です。放っておくと外陰部まで炎症が起きることもあります。

カンジダ膣炎は性病ではないので、薬を服用するか膣座薬を入れて治療をすれば簡単に治ります。妊娠中はカンジダ膣炎を引き起こしやすいことが知られています。

カンジダ膣炎と関連した不妊用語

女性ホルモン