胚盤胞移植(はいばんほういしょく)

胚盤胞移植(BT)とは、体外受精の方法の1つです。通常は受精後2、3日後の細胞が4細胞くらいになったところで子宮内に移植しますが、胚盤胞移植は採卵後5、6日の間、体外で培養してから子宮内に移植します。

受精後5、6日の胚盤胞まで育てることで自然な着床時期に移植できることと、通常の体外受精よりさらに生存状態を確認することで、質のよい胚盤胞だけを移植することができます。

イラスト↓体外受精ガイダンス第2版から引用

胚のグレード

2細胞期胚 ←2細胞期胚

4細胞期胚 ←4細胞期胚

8細胞期胚 ←8細胞期胚

胚盤胞移植 → Blastocyst transplant:BT

胚盤胞移植と関連した不妊用語

体外受精(IVF) 受精卵 子宮 着床 受精 多胎妊娠 胚盤胞