便利チェック帳 基礎体温

顕微授精(ICSI)

顕微授精(ICSI:イクシー)とは、「卵細胞質内精子注入法」といい、顕微鏡下で精子と卵子を受精される方法です。卵の細胞の中に直接精子を注入します。

顕微授精(ICSI)では、1個の精子を直接卵細胞質内に注入しますので、精子の運動率や形態に関係なく受精が成立します。今まで体外受精でも妊娠が難しかったカップルへの画期的な方法として、現在では一般の体外受精(IVF-ET)とほぼ同数で実施されています。

顕微授精(ICSI)は不妊治療の最終段階のステップに位置していて、特に精子に問題がある人(乏精子症、精子無力症)の治療法といえます。

顕微授精には、卵を取り囲む透明帯に穴を開ける「PZD法」や、透明帯と卵細胞質膜に間に精子を注入する「SUZI法」というものもありますが、いずれも受精率が低く普及していません。現在では顕微授精といえば、ほとんどが「ICSI(イクシー)」のことを指しています。

ICSI→ Intracytoplasmic sperm injection

顕微授精(ICSI:イクシー)と関連した不妊用語

卵子 精子 受精 体外受精(IVF) ET 乏精子症 精子無力症