2段階胚移植法

2段階胚移植法とは、普通の胚移植(ET)に加えてさらにその後にもう一度、胚盤胞を移植をする方法です。

2段階胚移植法では、採卵の2、3日後に最初の胚を子宮内に戻し、その後5、6日目に体外で培養させた胚盤胞をさらに移植します。最初に移植した胚がからだに着床の準備をさせるため、2度目に移植する胚盤胞の着床率が高いと考えられています。

現在では胚移植(ET)する受精卵の個数につきまして、日本生殖医学会や日本産婦人科学会で可能な限り少なくするように制限(1~3個)が決められています。

2段階胚移植法では、胚移植する個数が多ければ確かに妊娠率は上がります。しかしその反動として、リスクの多い多胎妊娠の可能性がが増えてしまうわけです。

IVF→In Vitro Fertilization
ET→Embryo Transfer

イラスト↓体外受精ガイダンス第2版から引用

胚のグレード

2細胞期胚 ←2細胞期胚

4細胞期胚 ←4細胞期胚

8細胞期胚 ←8細胞期胚

2段階胚移植法と関連した不妊用語

体外受精(IVF) 受精卵 子宮 着床 受精 多胎妊娠 胚盤胞