アシステッドハッチング(AHA)

アシステッドハッチングとは、ET(胚移植)のさいに透明帯の1部に開孔して着床率の向上をはかる方法です。ART(生殖補助技術)の1つ。

通常ですと、受精した胚は細胞分裂が進み、透明帯から脱出(ハッチング)して子宮内膜に着床します。しかし透明帯は胚の体外培養や凍結融解、あるいは加齢によって硬化するといわれています。

そこで卵の殻を少し破ったり薄くしたりして、着床率の向上を期待します。これが「アシステッドハッチング」で、体外受精で、グレードのいい胚を移植してもなかなか着床しない(着床障害)ような場合に行われます。

アシストハッチングともいう。

イラスト↓体外受精ガイダンス第2版から引用

胚のグレード

2細胞期胚 ←2細胞期胚

4細胞期胚 ←4細胞期胚

8細胞期胚 ←8細胞期胚

アシステッドハッチングと関連した不妊用語

ET 着床 ART 受精 子宮内膜 着床