排卵検査薬について

排卵検査薬とは、女性のおしっこを調べて排卵日を特定しようとする検査薬のことです。

排卵検査薬の陽性写真、募集しています! 投稿された排卵検査薬の陽性写真はこちら

女性は排卵が起こる24~36時間くらい前にLHサージという現象が起こり、このときに黄体形成ホルモン(LH)という女性ホルモンが尿や唾液に大量分泌されます。排卵検査薬はこのLHが分泌されているかを調べる検査薬で、大量分泌されているほど濃く陽性反応を示します。

*唾液に現れるLHを調べるチェッカーについてはレディデイ 排卵日チェッカーをご覧ください。

排卵検査薬の使い方(*製品に同封されている説明書、使用法を読むことが大切)は、排卵日が近づいてきたら陽性反応が出るまで毎日おしっこを検査薬にかけるだけです。判定反応が濃くなる変化でタイミングを見極めていきます。

排卵検査薬の変化

陽性反応のピークは人によって違いますが、ポイントは「排卵日と予想される数日前から使い始め、陽性反応が濃くなりだした数日のうちにピーク(1番反応が濃い日)がくる」ということです。繰り返しますが、いつピークを迎えるかは人によって違っていて、排卵検査薬を何周期か試すと自分の陽性反応がでるリズムがつかめるはずです。

「排卵検査薬を使ったらすぐに妊娠できた」という投稿を当サイトでもよく見かけますが、逆に排卵検査薬に振り回されて「仲良しのタイミングを逃してしまった」「義務的になりすぎた」という話も聞きます。排卵検査薬はたしかに有効な手段ですが、基礎体温やおりもの、そして何より定期的な仲良しが妊娠への1番の近道ということを当サイトからの助言として付け加えておきます。

排卵検査薬の通販、購入について

排卵検査薬は2009年の薬事法改正から、薬剤師がいる薬局などでしか購入ができなくなりました。つまり基本はインターネットでは購入ができません。しかし海外から取り寄せることは可能で「海外製排卵検査薬」「海外製妊娠検査薬」なる言葉を当サイトの投稿でもよく見かけるでしょう。

海外製排卵検査薬の値段は日本製の商品よりかなり安く、例えば当サイトでおすすめしているドゥーテストが7本入で2,835円(メーカー発表)で1本約400円なのに対して、海外製排卵検査薬の通販では1本100円以下で購入が可能です。ただし海外製排卵検査薬の購入、利用はすべて自己責任ということを忘れないでください。

(Amazon)
丸海外排卵検査薬空

排卵検査薬でよくある質問

Q 排卵検査薬を周期のいつごろから使い始めればいい?

A:排卵日と予想される数日前、生理予定日から18~16日前あたりから測り始めるのがいいでしょう。ただし月経周期が不定期な人はもう少し前から使い始めた方が安心です。

e-妊娠には排卵日、生理予定日チェッカーというものもあります

Q 排卵検査薬は朝一番に測定しないといけない?

A:製品の説明書、使用法に従ってください。基本的には毎日同じ時間に測定することで陽性反応の変化がつかみやすくなります。ただし、いつ測定してもLHが大量分泌されていれば陽性反応が出るはずです。

Q 陽性反応が濃くでたら確実に排卵日?

A:陰性だった状態から反応が出始めて、その後に反応が濃くピークを迎えた後に反応が消える場合は、かなり高い確率でピーク当日かその前後が排卵日といえます。

Q 陽性反応が出たときに仲良しすると確実に妊娠する?

A:そんなことはりません。健康な男女が排卵日に仲良ししても、妊娠する確率は20~30%といわれています。それに加えて何かしらの不妊原因があるとこの確率はもっと低くなります。

Q 陽性反応がいつもうっすら出ている

A:陽性反応が出る成分(LH)は排卵日以外にも少しずつ分泌されています。人によってはいつ測ってもうっすら陽性反応が出続けることもあります。また妊娠中、流産後、出産後、不妊治療薬の服用時などにも陽性反応が出ることがあります。

投稿された排卵検査薬の陽性写真はこちら→ 妊娠検査薬についてはこちらで説明しています→