不妊の集会情報

各都道府県や市町村で行われている「不妊を考える集い」を紹介しています。専門家などによって行われる講演会で「不妊のことをもっと知りたい!」と考えている人は1度参加してみてはいかがでしょうか。


不妊の相談に専門家が対応 9月、井原に窓口

岡山県は九月二日午後一時から、不妊などの悩みに専門家が応じる「女性の健康とこころに関する相談窓口」を井原市上出部町の井原保健センターで開く。県健康対策課は「女性一人で悩みを抱え込まず、夫婦や家族で気軽に参加してほしい」としている。井笠保健所保健課Tel0865(69)1673。

*参照元はこちらのページ

松江で不妊治療セミナー

不妊についての知識を深める「不妊セミナー」が八月二十五日、松江市内であり、参加した三十人が医師や看護師から心構えを学びました。第三回は、体外受精や顕微授精をテーマに、九月十五日に開くということです。

*参照元はこちらのページ

県不妊相談センターが初の出張相談

医師、助産師らが不妊治療などの相談に無料で応じる「県不妊専門相談センター」(岡山市鹿田町)は8月から初めて出張相談を始める。

19日に津山市大田のグリーンヒルズ津山、9月2日に井原市上出部町の市保健センターに出張相談窓口を設ける(いずれも午後1時?4時)。予約不要。このほか、本年度中に2回開く。

同センターは毎週水、金曜が午後1時?5時、第1土、日曜、第3木曜が午前10時?午後3時(いずれも要予約)に来所での相談に応じており、Eメール(funin@cc.okayama?u.ac.jp)は24時間受け付けている。匿名可。問い合わせは086?235?6542。

*参照元はこちらのページ

不妊治療に使われる薬

平成19年3月22日に、北海道札幌市の中央保健センターにおいて「札幌市不妊専門相談センター」による、「不妊治療に使われる薬」と題した講演会が開催されました。

約30人が参加し、不妊治療に専門的な知識を持つ医師やカウンセラーが、不妊治療でよく使われる薬について一つ一つ示しながら、それぞれの薬を使用する必要性や効用などの説明をしていきました。

関連記事 札幌市役所HP

子どもプロジェクト 連続セミナー 第5回『不妊治療』を考える

【日時】2007年3月3日 土曜日
    13時30分?16時30分(開場13時)
【会場】東京芸術劇場 大会議室
    豊島区西池袋1-8-1
    (池袋駅西口地下2b出口すぐ)
    http://www.geigeki.jp/
【参加費】1,000円(会員500円)

*詳しくはこちらのページ

不妊を考える集い

三月十一日午後一時十分から、山口県宇部市男女共同参画センターで、不妊を考える集い「もっと知りたい!不妊のこと」を開く。

内容は専門家による講演や個別相談会(予約制)で、入場は無料。
申し込みは、郵送かファクス、メールで。相談申込書は、市役所や市・楠両保健センター、宇部健康福祉センターなどにあるほか、県のホームページからもダウンロード可能。

*詳しくはこちらのページ

「てぃるる」で講演会

沖縄県那覇市で2007年2月18日に、不妊相談講演会(主催・県、県看護協会)が県男女共同参画センター「てぃるる」で開かれました。

不妊当事者二人が体験を語るシンポジウムも初めて行われ、男女約百人が詰め掛けたようです。

関連記事 沖縄タイムス


*不妊集会の主催者の皆様へ

このページで各情報を紹介したい団体の方は★こちらに「参考URL」と詳細をお書き込みください。ご希望によりポスターなどの画像も紹介させていただきます。(掲載は全て無料です)