子宮鏡検査

ヒステロスコピー Hysteroscopy

子宮卵管造影検査や経膣超音波検査で子宮腔に異常が疑われるときは、子宮鏡検査を勧められることがあるでしょう。

子宮鏡検査とは外径が約3ミリ程度の内視鏡(細い管の先にカメラがついたもの)を、直接子宮腔に挿入して子宮を直視下に検査をする方法です。

子宮鏡検査の有効性

従来は子宮腔の病変を調べるのには子宮卵管造影や超音波断層法が用いられてきましたが、近年の細経子宮鏡(ヒステロファイバースコープ)の開発により、麻酔や頸管拡張なしでも子宮腔内を用意に検査できるようになりました。

また子宮腔内に異常が認められたときにも、処置用ヒステロファイバースコープを使って切除や癒着剥離などの治療を行えることもあります。

子宮鏡検査は外来でも容易に実施することができ、今後は不妊外来での必須の項目と考えられています。

子宮鏡検査でわかること

  • 内膜ポリープ
  • 子宮内膜増殖症
  • 子宮内膜異型増殖症
  • 粘膜下筋腫
  • 子宮中隔
  • 子宮腔癒着症
  • 子宮内異物
  • 子宮内膜癌

子宮鏡の種類

ヒステロファイバースコープ

スコープの先にワイヤーを付けて、操作レバーで先端を自由に屈曲することができます。通常で使われる診断用ヒステロファイバースコープと、処置用のヒステロファイバースコープがあります。

ビデオヒステロファイバースコープ

電子子宮鏡と呼ばれ、超小型CCD(電荷結合素子)をスコープの先端に内蔵しています。

硬性子宮鏡

ヒステロファイバースコープの構造が軟性なのに対して、硬性子宮鏡の外観構造は硬性です。操作は簡単ですが子宮を傷つける確率もあがるようです。

拡張媒体

子宮腔は前後壁が密接状態にあるため、炭酸ガスや液体を注入することによって子宮腔内を観察できるようになります。終了後に検査のときのガスが肩から抜けると感じる人が多いようです。

子宮鏡検査の流れ

内診→頸管粘液検査→膣内消毒→検査実施→再び消毒して終了

子宮鏡検査体験談

*じゅんさんの子宮鏡検査体験談

子宮鏡検査とは、子宮の中にガスを入れて膨らませ、子宮の中に細いカメラ(内視鏡)を入れて見る検査で、子宮内の異常(炎症、子宮筋腫、ポリープの有無など)を調べます。

内診台に上がり内診した後、まず入り口を消毒、その後カメラを入れました。ガスが入ってからだと思うのですが、けっこう痛みはありました。看護師さんが数回、気分はどうか声かけをしてくれました。「痛いけど大丈夫・・です」と答えるのがやっとでしたが、検査が終わりガス抜きをした後は嘘のように痛みはほとんどなくなりました。

最後に再度入り口を消毒し、タンポン挿入で終了です。検査時間は、内診台に上がってから5~7分くらいだったと思います。費用は3200円弱でした。検査後、出血があるとのことでしたが、私の場合出血はなかったです。

また、検査の時に通したガスが肩から抜けるそうで、その為に肩が張る場合もあるそうですが、私はそれも感じませんでした。(普段から張ってるからかもしれませんが!)その夜、少しお腹の張りと痛みはありましたが、翌日にはすっかりなくなりました。

結果は子宮内に異常はなく、大丈夫でした。不正出血が続いた後だったので心配でしたが、結果がわかり不安も解消です!痛みはありますが、通水や造影検査のように終わった後まで痛みが続くこともなく、終われば痛みはなくなります。

子宮内に炎症やポリープがあると、着床、妊娠しづらいということで、この検査はとても意味のあるものだと思います。赤ちゃんが育つ部屋を万全に整えておくことは大事ですよね。