子宝風水で選ぶパジャマ

風水では、パジャマを着て眠って、悪い気を落として、良い気を吸収すると言われています。つまり、眠る時はTシャツやジャージよりもパジャマを着た方がよいという考えです。

子宝風水で考えると、パジャマは睡眠前の疲労を和らげてリラックスできる色が効果的です。妊娠だけに限りませんが、リラックスして睡眠をとることでストレスを軽減できます。

子宝を望む時は、冷えも大敵です。青やグレーは寒色(かんしょく)と呼ばれている色彩で、色からは涼しさや寒さも想像できることから、子宝風水で考えるパジャマには不向きです。

ピンクやオレンジといった温かみを連想させる色は、リラックス効果もあり子宝を望む体にも良い効果を期待できます。原色よりも淡いパステルトーンで、良寝室のインテリアと調和させると、更にリラックスできる心地よい寝室作りができます。

子宝風水で考えるパジャマの色

子宝風水で選ぶパジャマ

子宝を望む時は、女性のパジャマに襟が付いている方が良い運気が入りやすく、リボンは相手との縁を強めるとも言われています。色によって気分や、良い気の吸収も変わると言われています。

優しいピンクは万能カラー

風水ではパジャマの色によって、期待できる効果があります。先ずは万能なピンクは、女性にはおすすめのパジャマの色です。グリーン系は体の悪い気を放出してくれるそうです。

更にピンクには、女性らしさや若さのイメージがあります。子宝風水では、寝室で着るピンクは淡いトーンのピンクが良いと考えられています。リラックス効果と女性らしさが兼ね備えてあるうえに、良い運気が吸収されやすいからです。

赤はタイミングと照らし合わせて

子宝を望む時は、赤い色で血行促進、情熱やセクシーさをアピールしたい時もあります。特に排卵日周辺や、この日と決めたタイミングの時には赤色効果も利用できます。

子宝をのぞむ夫婦にとって、赤は男性側の性欲増進効果も期待できます。ただ、赤は刺激が強いのでプレッシャーや睡眠の妨げになる場合もあります。夫婦どちらかが疲れている時には、赤いパジャマは控えめにします。

寒色系にはチェック柄を

子宝風水では、青やグレーといった寒色(かんしょく)は冷えや低体温、疲労を想像します。でも、男性のパジャマは大抵が青やグレー、モノトーンといった女性らしくない色を選んでいます。

子宝対策としては、寒色系のパジャマにはチェックの柄を取り入れます。チェックは人との交友や交わりを連想させるので、青やグレー系のパジャマを好む男性には優しい色合いのチュック柄を取り入れたパジャマを選び、マイナス面を補います。

子宝風水で考えるパジャマの素材

風水では、パジャマの素材によって期待できることが変わります。綿やコットン表記のパジャマは体力・健康面をサポートしてほしい時、光沢のあるシルクやサテンのパジャマは金運アップと言われています。

子宝風水では、パジャマの素材は肌触りがよい素材を選びましょう。風水でのパジャマは、自身の分身ともいえる存在です。自分がリラックスできて心地よい素材で、清潔なパジャマはよい運気を前向きに吸収すると期待できます。

子宝風水パジャマの注意点

子宝風水でパジャマを選ぶ時は、色や柄、素材だけではなく清潔感にも気を配ります。パジャマは毎日、体からでる悪い気を受け止めます。常に汚れやしわだらけでは、良い気を逃してしまいます。

パジャマは毎日清潔に着ることができるように洗濯して、しわやヨレがない状態にします。起床時に脱いだ時は、足元に脱ぎ捨てたままにならないよう注意してください。