妊娠しやすい体重

自分に適した体重をキープ

「妊娠したい!」そう思ったら体重管理を意識してみましょう。女性の体はとても繊細に出来ていて、太りすぎていてもやせすぎていても、どちらも「排卵」に大きな影響が出てしまうこともあります。

女性ホルモンは「たった3キロ」の違いで驚くほど分泌量が変わります。まずは自分に適した標準体重を知り、毎日の日常生活のリズムの中でこの体重をキープしていくことが大切になります。

やせ過ぎや太りすぎの人

「やせ過ぎ」や「太りすぎ」の人は、排卵障害が起こりやすくなります。一般的にやせ過ぎの人は神経質になりやすい傾向もあり、「ストレス」が排卵に大きな影響を与える場合があります。

また太りすぎの人はホルモンバランスを崩しやすく、婦人科系のトラブルを引き起こしやすくなります。妊娠中にも「妊娠高血圧症候群」や「妊娠糖尿病」などと深い関わりがあるので特に注意が必要です。

BMI(ボディ・マス・インデックス)

BMIとは、自分の体重の肥満度をチェックする方法です。妊娠した後もこの計算を目安に、体重の増加を考えていくので今のうちからのチェックが必要です。下のフォームにあなたの数字を入れてみて、BMIを測定してみましょう!

性別
身長 (cm)
体重 (kg)
年齢 (歳)
BMI
肥満度
理想体重
標準体重
備考

標準体重の測り方: 身長(m)×身長(m)×22
BMIの測り方: 体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))

   
BMI数値評価
20未満やせぎみ
20~24未満普通
24以上太りすぎ

最もからだにいいとされるBMI数値は「22」です。
このときの体重をキープすることで、いい女性ホルモンの分泌が期待できます。

かなり多くの人がこのBMI数値の「22」よりも下回るかもしれません。
その理由は「BMI数値」は全世界で共通のため、欧米女性に比べると日本の女性の標準がやせ気味の傾向にあるからです。

*こちらに妊娠に関わる項目をチェックできるページがあります

無理なダイエットに注意

体重管理は必要なことですが、体重を減らそうと無理なダイエットは逆効果です。体に負担がかかる無理なダイエットは「無排卵」「無月経」を引き起こす可能性があります。

ダイエットを短期的に考えず、バランスの取れた食生活や適度な運動で無理なく体重を減らしていくことが体にも優しいダイエット方法です。

決してサプリメントや偏食といった、自分の体を無視したダイエット方法はいけません。妊娠するためのダイエットが、逆に妊娠しにくい体を作り上げてしまいます。

また過去にこのような無理なダイエットを経験している人は、排卵がうまく行っていない場合があります。今現在も生理不順で心当たりがある人は、早めに医師に相談することをお勧めします。

関連ページ

過食症と妊娠 過食症チェック 多嚢胞性卵巣症候群と肥満